寡黙なお喋り

頭の中を垂れ流し

始めてしまえば進むだけ。

約5年に渡るひきこもり生活卒業です。
先日、面接を受けて、そのまま採用をいただきました。
あっけなくて、びっくりです。

今まで地に足付かずふわふわしてたのに、一気に重力に抑え込まれたような。
人は希望の中に居る時に絶望を見出し味わうのかもしれん…なんて思う程気持ちは沈んでました。帰宅直後はね。


とにかくやってみなきゃ分からない。淡々と作業に向き合う。出来るように1つ1つ積み重ねていく。それのみだな、と。
しばらく社会に関わらずに籠っていた事も話しの流れで少し伝えました。少しずつ慣らしていくという事でまずは短時間から。
ものすごく恵まれた縁を繋いでもらったのではないかと思う。しっかり応えていきたい。とはいえ、上ばっかり見てると派手に転ぶから、目の前の1歩1歩。
感情に飲み込まれると多分何も出来なくなるので、淡々とアンドロイドのように?作業を覚えて行こうと思います。

採用を頂いた日は、ずーーんと重く呆然として、夜寝る時もピリピリしてたけど、今私は自分の部屋の布団で寝転がってるだけなのに、意識を想像の世界に飛ばして嫌な感情を先取りするのも何か間抜けやなと思ったり。刺さった時に痛いと思えばいいだけで、くつろげる部屋に居てパジャマ姿の癖に恐がってる時間は無駄やなと。過去や未来からしんどいことを持ってこない。

今回、電話をかけた後にも思ったけど、「出来事」はただ発生してるだけのシンプルなもので、そこに自分や人の感情が乗るから複雑になってしまうのかなーと。物語と感想は別。心情は抜きにしてやるべきことをやる。みたいな。「淡々と」って意外と大事な感覚なのかもしれないと思った。休日とか好きなことしてる時は感情のスイッチ入れてわーっとするけどね。


あと、1度落ちるとこまで落ちてると「あそこまで落ち込むとまずい。戻れなくなる。」という感覚が何となくあるので、憂鬱に引きずられないよう意識しながら鼓舞しながらうまく過ごせるんじゃないかなと。さらに、大抵の事はなんとかなるという謎の確信もあるので、まぁ、気張り過ぎず、淡々と1つ1つ積み上げていきます。

ここから自分が成長していくんかなと思うと純粋に楽しみ。ついに私の手帳に「給料日」の文字が入るかと思うとわくわく。そうそう、働くようになったら毎月1本映画観る習慣やりたいなーと思っていたからそれも実現しようかな。所属が「職場」「家」だけだとしんどいかなと思うから、習い事か何かで、別の繋がりも持ちたいと計画中。

あー。なんかポジティブなことばかり書いてると暑苦しいかなぁ。ただでさえ暑いのに。しかし鼓舞しないと歩けないのでしばらく修造モード続きそう…?

そもそも常に正しく常に前を向き、なんて生き方できないけどね。
こんだけ、あーだこーだ耳触りの良いこと並べたって痛い時は痛いし、苦しい時は苦しい。1つでも減らせたらいいなと思うけど、0にはできんなぁ。でも、そういう時に一直線に沈み込むのではなく、違う視点、考え方に気付ければ、それが浮き輪になることもあるんじゃないかなと思ったり。今、何も起きていない癖に未来や過去から引っ張ってきて苦しいって思い込むのもやめようと思ったり。
視点カメラを増やすという意味では、昔に比べて増やせたんじゃないかなと思う。まだまだ知らん選択肢、生き方が山ほどあるんだろうけど。そういうのを知りながら、もっと器用に活き活きと過ごす大人になりたい。働くゾンビにはなりたくない。