寡黙なお喋り

頭の中を垂れ流し

亀の一歩、進みました。

 

発信ボタンを押せずに固まること小1時間。を数日繰り返し、先日やっと電話できました。数年ぶりの面接です…。進んだけど安心より不安。

台本作りすぎて一方的に喋ってしまった感。反省。

でも、うじうじしない。失敗したら改善策を考えて次に活かす。落ち込むのは無駄。生きてる限り次がある。更新できる。

と言い聞かせる。

 

って言ったってちっとも嬉しくない。やったー!電話できたー!って気持ちは100あるうちの0.5くらい。

怖い。めっちゃくちゃ怖い。進んでしまった。こんなん電話なんか最初のハードルに過ぎんのに。採用されたらどうしよう。でも、一番条件良いし、長い目で見ても安泰。自立に一番近い。お金もらえたら推しに貢げる。そうそう、DVDもいっぱい出るし、映画もやるし、展示もあるし、図録もグッズも欲しいし。お洒落な服も買って、化粧品も買って、フィンランドのサンタにも会いに行って、欲しかった本いっぱい買える、何より自立の大きな1歩。なんてすばらしい。いつも完璧にはできん。やらずに出来ないと思い込むよりやっただけずっと偉い。

 

初めて町内会の掃除に出た日も、近所の人たちとうまく話せんくて帰宅後めそめそ泣いたのを思い出す。。でも目標を高く設定しすぎたのねと気付いてからは、おはようございますを言うだけにした。それからは平気なので、きっとこれからもそんなもん。

 

・目標は低く。最低限の挨拶と笑顔でよろしい。

・うまくできんくても落ち込まない。必要なのは2秒の反省とこれからの改善と工夫。どうすれば問題を解決できるかを考える。感情はいらん。

だいたいうまく出来ることなんて、息する、歩く、くらいなもんやわ。

そもそも最初から100点出せると思ってるあたり甘いねん。産まれてすぐ自転車乗って就職してべらべら喋る赤ん坊が居てますか?

常に満点取らなきゃ完璧にしなきゃ、よりも、恥かきながら1つ1つ積み重ねていく、という気持ちでいた方がいいのかもなぁ。


いつも目の前の1歩を見ずにゴールばっかり見てるから「高いなぁ、遠いなぁ、大変やなぁ、いきなりあそこまで行けるかなぁ?」ってうんざりしてるけど、もっと目の前の1つ1つを見ないとなと思った。


今も、電話をクリアした次は面接なんだから、そのことに集中して対策を練ればいいのに採用された時のこと、仕事ぶり、かけてしまうであろう迷惑、失敗、について考えてる。先取りしすぎや。予言者じゃあるまいし。


ちょっと落ち着いてきたかな。どうせ皆いつか灰になるし、そう思えば大抵のことは大したことない。

 

自分に言い聞かせタイム終了。正直、不安と安堵のシーソーががったんがったんしてますが、起きてない事を考えてもしょうがない。心の修造も健在。大丈夫。頑張る理由の推しもいる。私は赤ん坊。がんばろう。