そんなこと。

気紛れに。

我を忘れるほど

 

つい、後ろ向きになって、反抗期の小娘みたいな気持ちになって、

不満とか文句ばっかり並べてしまう。つまらない、くだらない、無駄でしかない。

文句ばっか言って、嫌々やって、形だけやってます風装って。

「ちゃんとする」ってなんだろ。「丁寧に生きる」ってなんだろ。

つまんない顔してると、何もかもがつまらなく感じてしまう。

もっと「ワクワクする」とか「楽しむ」とか、「参加する」とか

前のめりになりたい1年。

おもたーい体をかる~くしたい1年。

色んな場や顔に出会いたい1年。

 

「やりたいことがみつからない」という相談に、「この世に魅力が無いのね。あんな風になりたい。と憧れられる大人がいないのね」って答えた人が居て、それがすごく印象に残っている。テレビで見てて、(この国は恵まれているのに贅沢だ。とか、「やろうと思えば何でもできる、あなたにやる気がないだけ」的な回答なんだろうな)と思っていたから、「この世に魅力が無い」はものすごく意外で、笑ってしまった。

 

多分、この世に魅力はある。楽しそうに生きてる大人もたぶん居る。

なんでもいいから、気付くか気付かないか、の違いなんだろうなと思う。

 

つい最近まで、嫌で嫌で仕方なかった物が、なんとなくすごく大事に思えて、もっと関わろうと思えたことで1つ楽になった気がする。結局私の気分次第かよ。気分で見方や感じ方が変わるなら、甘ったれでものんびりでもあほでもけらけら笑える方がいいなぁ。

部屋の換気や掃除と同じで、何かが溜ったり、詰まったり、散らかしたりほったらかしにしておくと、濁って重く重くなってしまうから、やらなきゃならんことは1つ1つ早めに片づけていくこと。心の換気をすること。隠し事って、素直に言って怒られるよりずっとずっとしんどいね。

 

 

 

 

広告を非表示にする