そんなこと。

気紛れに。

そんなものはない

 

あれもやらなきゃこれもやらなきゃ

興味ないけどやらなきゃいけないことが次から次へとやってくる。うんざりだ。じゃあ、好きとか面白いとか関心を持って取り組むものあるの?無い。何にもしたくない。ぼーっと。ぼーーっとしたまま10分経ち2時間経ち気付けば夕方。ご飯食べてお風呂入っておやすみ。ひたすら時間を消費していくだけ。私の脳みそは死んでるんじゃないかと思うこと多々。

 

やりたいことだけ。好きなことだけ。出来る事だけ。面白い事だけ。楽しい事だけ。これだけで毎日が染まればいい。そんな風に思うこともあるけれど多分目の前に楽しい事があっても、自分では何もしない私は不服な顔をして毎日つまらないと嘆くんだろう。

 

「不幸になるのは、また不満を抱くのは易しいこと。ただじっと座っていればいいのだ、人が楽しませてくれるのを待っている王子のように。」(アラン幸福論)

アラン幸福論が大好きでちょくちょく読み返す。100年近く前に書かれたものだけど、現代にも通ずることがたくさん書かれている気がする。

 

なんとなく、それが正しいと分かってる。何がだめかも分かってる。そうすれば楽になれるんだろうなとも思う。何にもしないで文句を言うのも楽だけど退屈になるのも簡単。なんとなく、毎日が楽しくない。自分が何をしてると楽しいのかも分からない。目の前に楽しい事が降ってくるのをただ待っている。心に居座る王様を追放できるだろうか。ポチッと押せば気分が切り替わるそんなスイッチがあればいいのになあ。

 

 

追記。 

電気が点いたり消えたりするみたいにパッパッとは切り替われないけど

気分がすーっと変わっていくきっかけはある気がする。

スイッチはないけどきっかけはある。

お風呂入るとか美味しいご飯食べるとか歌うとか散歩するとか喋るとか昼寝するとか落ちるとこまで落ちちゃうとか。

広告を非表示にする