読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そんなこと。

気紛れに。

ありきたりのこと

 

こんなこと言うとあほみたいだけど、

「特別」とか「天才」とか「すごい人」に憧れていた。

私もその枠組みに入りたくて、自分は皆とは何かが違う。とか思いたかった。

そりゃ同じ人なんかいないよと言われたらそうなんだけど。そうじゃなくて。

 

天才とは努力する凡才のこと と言うけれど、努力することも才能の1つなんじゃないかと思ったり。努力って、他人から見れば努力だけど本人の感覚的には没頭していることを言うのかなと思う。没頭できるものに私はまだ出会えていない。と言いつつ、自分が努力できない事を才能のせいにしてるだけ、と突っ込むもう一人の自分。わかってるわい。

最近になって私は特別にも天才にもすごい人にもなれないなとやっと気付いた。と思う。そこら辺に居る、普通の人でしかない。変人ぶった普通の人。

 

 

「力いっぱい戦った後で無ければ負けたと言うな」

そもそも戦ってないや。何にもしてないや。毎日じっとぼーっとしてる。そりゃ敗者にも勝者にも何者にもなれないか。上ばっか見てないでまずは足元固めなさいよって話だな。こつこつ足元積み重ねればそこからどこかにたどり着くかもしれないね。

広告を非表示にする