そんなこと。

頭の中を洗い出し

釣り合う

年齢だけはいい大人になってしまったけれど、経験値は中学生程度。時間なんか勝手に過ぎてく。すっからかんなのに。外ばっかり大きくなってボロが出る。年齢に追い付かない。

立ち向かう楽しさも感じない。ワクワクもない。
甦るのはうまくいかなかったこと。その先に待つしんどいこと。この先地獄だと分かってて、向かわねばならない。

手伝ってもらえばいいのか、私一人でやれるのか、何にも分からない。やれないことを認められない。皆は当たり前に出来てるのに。自分だって今は何かが足りないだけで、絶対やればできるって思うのに、やれない。このままじゃ嫌なのに動けない。

人との関わり方がさっぱり分からなくなってしまった。何を聞かれているのか自分の解釈で合っているのか話は噛み合っているのか、そんなことが気になって、綱渡りみたい。変な人に思われた。そんなことの連続。

ご近所さんや店員さんと少し長く話しただけでぐらぐらするのに、ちゃんと受け答え出来るのかな?聞かれたくないこと聞かれたら何て言えばいい?ちゃんと出来る気がしない。昔は出来てたけど、今はもうだめだ。離れすぎた。私の人生で、こんなに離れたことはない。次に進む度に毎回毎回怖くなって嫌になって泣くのかしら。最悪。


でも少しすっきりした。どんなに怖かろうが失敗しようが死にはしない。大好きなものはちゃんとある。むしろこんな時のために娯楽はあると思える。娯楽を生み出す人間万歳。


どんなに頭で考えたって、行動したことにしか意味がない。先に気付いた人より先に発表した人が偉くなる。そんなもん。

心の中は大嵐でも外から見れば呑気の極み。
痛いけど固まった体をバキバキと折りながら変えなきゃいけない。痛みを伴うものだと最初から分かっていればやれるかな。
ある日魔法がかかってフワフワとサクサクと達成してしまう!なんてことは無いのだ。私は魔法に期待しすぎたかもしれない。いつか、いつか、そんな魔法にかかる日が来ると思っていたけど、甘すぎる。いつかの私に丸投げするな。

この数年で落ちに落ち固まり尽くした身と心を砕いていかねばならぬ。砕いて壊すしかない。このままじゃ駄目。嫌。自分自身の破壊作業。1種の成長痛?成長と痛みはいつだってセットなのかな。

行動にしか意味がない。脳内垂れ流し芸人の私は何も書けなくなる。「~しました」って書けたらいいね。

出来るか出来ないかじゃない、やるのかやらんのか、ってよく漫画とかで見るけどめちゃくちゃ真理じゃない?真理って使い方合ってるかわかんないけどさ。

心は千尋で行こう。そうしなければ動物になってしまう。あの台詞もめちゃくちゃ重い。食べて寝るだけの家畜だもんなほんと。会社勤めでも家事でもなんでも、適切な「労働」には人間らしさの素があるのかもしれないなぁ。

広告を非表示にする

お客さま満足度

相手が可哀想とか向こうも苦労してるとかもうそんなの無視して私の心を削るやつは私に心のゴミを投げてくるやつは全員くたばれの気持ちを取り戻した。

全員くたばれはちょっとあれだから、うーん、「私には相手を救済しないし相手を満たさないという選択肢がある」という気持ち。これだ。


愚痴をね、毎日毎日聞かされるのが嫌で。
毎日毎日吐き出さなきゃやってられない相手の気持ちと毎日毎日罵詈雑言を聞かされるのに辟易した自分とでちょっと今日は参ってしまった。
人への侮辱とか文句、差別用語や罵倒の言葉を聞きたくなくて目も合わせず無視してたんだけど、不満や怒りを無視される相手の気持ちを考えると、私はめちゃくちゃ嫌なことをしてるのでは?とか考えて、でも負の言葉を投げられるのも本当に嫌で、私はゴミ箱かよという嘆きもあって、ウワーッって感じやったけど、毎日毎日相手を救済する必要も満たす必要も無いよね。ってことに今、気付いた。

多分、心のどこかで「共感しないといけない」とか「励ましたり慰めたりしないといけない」みたいな、相手が満足する対応を取らなくてはいけないという思い込みがあって(実践はほぼしてないけど。) そういう思い込みの要求に応えるべし!!嫌だ!!!の葛藤があったけど、そもそもそんな要求自体無いやんね。お金貰って年中無休の愚痴聞き屋さんをしてるわけじゃないし。


腹が立つのも分かるし嫌な気持ちになることも分かるんだけど、全てを受け止めることはできない。たまにならね、一緒に怒れるし話も聞けるけど。

そう考えると、自分が共感されない救われない満たされないこともある、というのも何となく納得というか理解できた気もする。

多分、一番聞いて欲しくて分かって欲しいのは私なんだろうな。言えてないこと山程あるし。それなのに「共感や救済をしなくてもいい」を認めちゃうと共感や救済を得たい私が納得できない。

思い込みの要求に関しては、私が、相手に「共感してくれる、助けてくれる。分かってくれる。そうに決まってる」って期待、要求してたのかも。
貴方の話は聞きませんが私の話は聞いてくださいじゃおかしいし、自分が救われる為には相手を救わないといけないという思いがあったのかも。(しかし吐き出される負の言葉に耐えられない板挟み)


でも、自分の為の相手じゃないし相手の為の自分じゃない。それに、0か100かじゃないよね。共感は出来ないけどちょっと救えそうとか、救えないけど共感は出来るとか、今はどちらも無理です、今は全力で味方する!とか。
そういうもんだよね。

「分かってくれない不満」がずっと自分の中にあったけど、分かってやれない気持ちも理解できた気がする。
伝え方の問題も大きいかもね。言葉が足りんと理解するのは難しいし、言わない癖に「分かってくれない!」もおかしいし。人を殴り倒すような言葉じゃ聞いてる方が殴り倒されるし。




相変わらず支離滅裂の脳内会議垂れ流し記事でした。

広告を非表示にする

3.10

 

卒業が確定しました。

卒業認定者番号一覧が受験の合格発表みたいでどきどきした。ちゃんと自分の番号がありました。予定よりも遅い卒業です。私の人生史上最悪に乱れ狂った数年。人生何が起きるか本当に分からないものです。せめて借金が無ければと思うけど、どの道進学はしてたと思うししょうがない。人生の夏休みを買ったという事にしておきます。色んなものが甘かったし悲しい事が続いたし潰れるときは潰れる。後悔ほど無駄なものはないと思うから考えないようにするけど。反省?なんだろう。ここから学ぶことは今は無いかな。まだ渦中だし。家事全般のスキルが上がったくらいよ。

 

問題はここから。ちゃんとやり直せるのか。自立できるのか。誰かにもたれかかって生きたいわけじゃないんだけど。1つずつ登っていくしかないよね。ちゃんと人間に戻れるよう進みます。

 

今日、隣町の古本屋さんに買い物に行った。川を超えなきゃいけないから土手沿いをずっと歩いたんだけど、こんなに綺麗なことがあるかよってくらい雲一つない青空で最高だった。欲しかった本も何冊か買えたし。いい気分転換になった。

広告を非表示にする

2.10

自分の機嫌くらい自分で取る、というのは大事なことだなと思った。ムカムカする日もある。なんかあったわけじゃないのに無性にイライラしてしまってその感情が顔や態度に出てしまうことがある。
人間だからしょうがない部分もあるけど、人といるときにそれやってると、そこにいる相手にも不快な思いが伝染してしまって、良くないなと思う。

私はよく「不愉快のお裾分けをされるのが嫌だ」って思ってる。人の愚痴を聞くのが嫌だと感じる時の主な理由がこれ。でも、言葉にしなくても顔や態度に不愉快が出ていれば、それは私も他人に不愉快のお裾分けをしてるのと同じなんだなと思った。

何かに対してものすごく怒りたい自分がいる。他人にも家族にも昔の自分にも同級生にも世間にも社会にも。具体的な不満や訴えもあれば、漠然とした感情を撒き散らしたいだけの評論家ごっこでもある。

ここ最近ものすごくムカムカしてて、ものすごく嫌な感じの人、になってたんだけど、そんな自分のために色々してくれた人がいて、ありがたい気持ちと、何かイライラしてるのが伝わって気を使わせたのかなという申し訳なさとがあった。自分の機嫌くらい自分で取らなきゃなと。

人がしてくれたお陰でムカムカも収まって、機嫌がなおったけど、こんなのは子供みたいで、人に私のご機嫌取りさせちゃダメだって思った。(してくれた事そのものは純粋に嬉しい。誰かが何かをしてくれるまでずっとムスッとしてた自分は幼かったということが言いたい。)

自分の機嫌くらい自分で取れ、は多分ついったーか何かでチラッと見た言葉で、その時は分かるような分からないような感じを受けたけど、あーこういうことだったのかなと意味を体験したんだと思う。
自分の機嫌を取るのって単純でもあり難解でもあるけど、これが出来るようになれば人としての質が上がるような気がする。

広告を非表示にする

2.4

あーもう疲れた。
30分5000円で愚痴聞き屋でもしようかしら。お金貰ってもやだわ。毎日毎日不満のお裾分け。私はゴミ箱かよ。喋る犬型ロボットを差し上げたい。しんどい。聞きたくない。くそー。

そりゃたまにしんどいことがあって話すなら分かるけど毎日毎日同じ文句ばっかり。同じことに怒ってる。あれはもうただの習慣だよ。あたしゃ疲れた。人型ロボットでもないし人形でもないんだから、そんなに他人の愚痴ばっかり聞いてらんないよ。憂鬱のお裾分けも怒りのお裾分けもうんざりだ。

どうしてこう、聞きたくない言葉ばっかり私のとこに届くんだろうな。きっと自分もこんな風に言われてるんだろうなって思えてしまう。皆何かに怒ってて生き急いでて皆同じじゃないと許せなくて息をするように誰かを罵ってる。罵り合いの戦場か?こんな汚いことに人生消費したくないな。って言いながら私も愚痴るんだけど。今日は疲れた。読んでる人ごめん。

私は愚痴を人に話さないけどこういうところに書いてるし、あれは喋るブログだと思えばいいのかな。
でも私マイメロだよ~?むずかしいことはよくわかんないしイチゴ食べた~い☆

ここで、そんなに嫌なら家から出ていけというドドドド正論が心臓に刺さったので黙ります。

広告を非表示にする

2.2

 

映画「ジャングルブック」の黒ヒョウがめちゃくちゃかっこよくて最高だった。主人公の少年以外全部CGで作られた作品なんだけど信じられない。野生の動物がお芝居するわけないと分かっていても、本物が映像の中に居ると感じてしまう程リアルでした。メイキング映像を見て本当にCGなんだ…と驚嘆。アニメ版も見たことなくて完全に初見の作品だったけどストーリーも面白かった。

そしてまじで黒ヒョウのバギーラがかっこいい…。めちゃめちゃかっこいい…語彙溶ける…バギーラ見たさにもう一回見る……予告編もかっこよかった……。

 

動物園にいないのかな?見に行きたい。と思って調べてみたら黒ヒョウという種類が存在するのではなく普通のヒョウから稀に生まれるのだそう。結構レアなのね…知らんかった。動物園に居るところはあったけど距離的に見に行けないかなぁ。

 

広告を非表示にする

1.29

記憶に残るジブリ飯の話。

レンタルしてきた天空の城ラピュタを観た。
始めから終わりまでちゃんと観たのは初めてかも。今まで金ローで放送されるのをながら見したり、途中で寝たりしてたから今回ちゃんと見てみたら結構面白かった。

ながら見程度の頃から好きなのは、シータがシチューを作るシーン。何故かここが強く印象に残っていて、私にとってラピュタといえばシータのシチュー。目玉焼きをパンにのせたラピュタパンも好きで朝食に食べることも多いんだけどね。

ジブリ飯で特に好きなのは、となりのトトロのサツキがお弁当を作るシーン。もうこれが大好きで大好きで、この作品の最重要シーンと言っても過言ではない。素朴なんだけど彩りも綺麗で、手作り感溢れる憧れのお弁当である。で、同じくらい好きなのがハウルの動く城のベーコンエッグのシーン!鉄のフライパンに弾ける油……こんがり焼かれたベーコンに目玉焼き……もうめっちゃ好き……食べたい……

他にも千と千尋の神隠しで両親が勝手に食べちゃうめちゃくちゃジューシーで柔らかそうなお肉とか耳をすませば鍋焼うどんが素敵(ここに至るまでの話がめちゃくちゃに好き)とか何かと記憶に残るジブリ飯。物語だけではなく美味しそうな食べ物も魅力の1つだねぇ。あー好きなジブリ作品の話もしたい。また今度。


食べ物の記憶といえば、小学生の頃読んでた「らんま1/2」もほっとんど内容は忘れてたのに、あかねが肉まんの入った紙袋と水筒を持っているシーンだけ何故かずーっと覚えてたから元々食への興味が凄いのかもしれない……。クッキングパパにも好きなメニューがいくつもあったなぁ。随分前に漫画捨てちゃったけどまた読みたい。

広告を非表示にする